トイプードル・ティーカッププードル╿優秀なプードル・手作りドッグフードの販売の事なら専門ブリーダーの【ため息をつく宝飾】╿トイプードル・ティーカッププードル・レッド・アプリならお任せ

広島県広島市中区南竹屋町8-18KendoriBLDG 1F ※子犬見学は要予約
コンセプト
健康で賢く、それで居て小さくて愛くるしい赤い宝石 OptiGen Test Certificate

OptiGen Test Certificate
Fire PRAクリアー証明書
私どものプードルたちは、
【健康的】【スタイルが良く】【賢い】ことを自慢としております。
とくに、「健康であること」に重きを置いており、
遺伝的疾患の無い優良なプードルのみで繁殖をしています。

良い犬を生むには、
父親だけでなく、母親にもこだわらなければいけません。
そのため、母親も海外から輸入しております。
先祖がショーに出ていますので、生まれた子達もスタイルが良く綺麗な顔になります。
掲載しています写真は修正しておりません。

ご購入を検討されているお客様とは、しっかりと会話でのやり取りをして、
ご納得していただいてから、ご購入していただいております。

当店オーナーは1992年からブリーダーをしており、
経験が豊富ですので的確なアドバイスをすることが出来ます。
また、海外のトップブリーダーと交流があり、
PRA(進行性網膜萎縮症)などの歴なども見分けることができ、
親犬たちはクリアしておりますのでご安心ください。
ブリーダープロフィール
【ため息をつく宝飾】のブリーダーのご紹介
私が3歳の時母がスピッツを福屋デパートで買ってきたのが犬を飼う始まりです。
嬉しかったあのシーンは今でも鮮明に覚えております。
アメリカンコッカー 柴犬のMix。
20代になり主人とお付き合いが始まり、プレゼントはシェルティでした。
今になって思えば夫になる人が、たまたま犬好きで良かったなぁ~と思います。
それから仕事、子育てと忙しく犬を飼う環境になかったのですが
結婚して初めてワガママを言ったのが、1992年に「犬を飼う!」だったと思います。
すんなりと主人からはOKを貰え、私は「プードル♥」と言ったのですが
主人が散歩が恥ずかしいとのことで却下(今ではたくさんのプードルと散歩に行っていますが…)
「シュナウザーが良い!」という要望でした。
「シュナウザー??え~~~嫌だ…」と思ったのですが
100歩譲ってシュナウザーを迎えることに決定したのです。
【ため息をつく宝飾】のブリーダーのご紹介
さて、どこであの当時マイナーなシュナウザーを迎えるかが問題となったのです。
主人からプレゼントされたシェルティはとても賢く良い子だったのですが
私が頭に描いた、ザ ベストテンでみた西城秀樹が飼っていた毛吹きがよく、
首にホワイトカラーがあり耳が綺麗に前に倒れたシェルティにはならなかったので、
絶対ショードッグブリーダーから購入したかったのです。

今のようにネットで検索出来るわけではなく、
運良く主人の友達が趣味でコリーをショーイングしており、
彼の紹介でシュナウザーのブリーダーを紹介してもらい一頭のシュナウザーの女の子を
手に入れ、レディと名付けた最初のシュナウザーは、私どものお店の看板を書いてもらった
故Lori BushのSHORLAINEケネルのラインの子でした。
姿はもちろん 惹きつけられる性格の良さにショーの会場へ足を運ぶことに
時間は掛かりませんでした。
海外からシュナウザーの本Schnauzer Shortsを取り寄せボロボロになるまで写真を見ていました。
Schnauzer Shortsにとても気になる子を見つけ、1996年から手紙でやり取りし
2000年に初めてカナダチャンピオンのShogunを輸入しました。
海外のクオリティの高さに驚き、今もShogunはとても元気ですが病気をしたことがなく
日本のシュナウザーに多いCJC(先天性白内障)PRA(進行性網膜萎縮症)が
Shogunの子供たちに全く発症しておりません。
犬はブローカーに任せるのではなく
ブリーダーと親密になり良い犬を送ってもらうというのをモットーに
プードルたちも全てカナダのKisburより輸入しています。

今は、犬のご飯について勉強中です。
バランスのとれたご飯は、『妊娠しても子犬が死産になることがなく元気で生まれ、骨が強く、
毛量が多く、毛のツヤが良く、皮膚も丈夫で歯も綺麗、歳をとっても若ぶりでボケない』
というのが、いろいろな犬たちを見て比較できる私の答えです。

とまぁ~
長々と書きましたが
これがこのサイトの主のMidori Nakaharaでございます。
アメリカ アプリ レッド プードル クラブ
当店オーナーはAmerica Apri Red Poodle Clubの日本で唯一の会員です 当店オーナーはAmerica Apri Red Poodle Clubの日本で唯一の会員です(2016年1月現在)。
カナダのトップブリーダーRobin(Kisburケネル)と
アメリカのトップブリーダーMelton(cimefleuriケネル)の推薦により、
現在日本で初めてのアメリカアプリレッドプードルクラブの正式メンバーになることができました。
最初は趣味で始めたプードルですが、やはり奥をのぞくととても楽しいものが見えてきました。
この名前に恥じないように今後とも勉強をしていきたいと思います。
子犬情報へ 出産情報へ お問い合わせページへ